会社概要

沿革

2001年 9月  水俣教育旅行プランニング事務所設立(NPO法人として認可)
2009年 8月  水俣教育旅行プランニング出水事務所設立
2010年 4月  内閣府認証NPO法人に認可、名称を「NPO法人 環不知火プランニング」と改称

2013年4月  一般社団法人 出水民泊プランニングを設立し業務を引き継ぐ。

活動方針・目的

地域の素材調査、地域コーディネーター、インストラクターの育成により、地域全体のコーディネートが可能な、組織作りを目指しています。

活動実績概要

前身のNPO法人水俣教育旅行プランニング時代から、水俣・芦北地域にある水俣病をはじめとした地域の暮らしや歴史・文化・人々など、様々な素材を活用した、国内外からの修学旅行・教育旅行・視察・研修等を誘致の為の受入プログラムを開発し、年間4000人程の教育旅行、視察・研修を受け入れてきました。
その後、水俣・芦北地域に留まらず、鹿児島県出水市に修学旅行を受入れる「集客交流事業」も進め、2009年度には出水市による「ふるさと雇用再生特別基金事業」の受託および、国土交通省による「地方の元気再生事業・環不知火広域連携集客交流プロジェクト」を受託しました。 出水市はツルの渡来地として全国的に有名であります。また、市街地より一歩足をのばすと薩摩藩が培った武家屋敷が群を連ね、昔の趣を感じることのできる情緒あふれる街でもあります。産業としては養鶏、畜産、養豚農家をはじめ、みかん農家や植木栽培農家が盛んで、様々な暮らしと文化が活きており、このような地域の素材を活用し、民泊や体験学習プランの創出により集客交流事業を進めています。
現在年間2,000人〜3,000人の受入をしています。今後も地域の人々や行政と協力しながら、元気で人々が楽しめる地域にすべく、活動を行っていきます。

役員

代表理事
宮田裕美子

一般社団法人 出水民泊プランニングについて

元気再生協議会について